ROAD TO CLAYPLAYER(クレイプレイヤーへの道)

カリキュラム

ROAD TO CLAYPLAYER


クレイプレイヤーへの道…
といっても、険しい道ではありません(笑)

|【Clay Players Club クレイプレイヤー認定講座】カリキュラム



📸マークは添削課題になります。公式サイトのマイページから正面・背面・左右どちらかの
3枚の写真を投稿していただくと、通常7日~10日で【Qwifilm】(キュウイフィルム)所属の
先生から丁寧なアドバイスが届きます。
続・ROAD TO CLAYPLAYER (添削課題編)
4回の添削後に確認テストがあり(通常レッスンと同じく写真を投稿していただきます。)、
合格すると【CLAYPLAYER】👍としての技術習得が認定がされます。
標準3ヵ月で修了可能ですが受講期間は1年間ありますので、ご自分のペースで楽しみながら
レッスンしていただけます♪

どうでしょうか?
基礎中の基礎、『◯』からスタートするレッスン。
道は険しそうですか?それともスキップしながらいけちゃいそうですか♪


|【遊び】なのに基礎の基礎からやるの?


【Qwifilm】(キュウイフィルム)の先生には

     初めて粘土制作をする人が楽しむためにはある程度の技術が必要で
     その技術を習得するために「わかりやすい講座」「楽しい講座」を作りたい、
     それでたくさんの人に粘土を楽しんでもらいたい。
     そのためにいつもQwifilm(キュウイフィルム)が作っているような楽しそうな世界観を 
     持った講座を一緒に作ってくれませんかというお誘いに、断る理由がありませんでした。

とおっしゃっていただきました。

以前のTOPIXにも書かせていただきましたが(【手を動かすことはホントに脳にいいの?】)、
その昔、息子はちょっと言葉が遅かったため、一時【言葉の訓練】に通っていました。
その際言語聴覚士の先生に「手や指を使ったりするのも訓練になりますよ。」と言われ、
「粘土なら遊びだしピッタリだ!」と思い、早速市販の粘土セットを購入してやってみたのですが
これが中々続かない…。
最初は楽しんでいじっているのですが、結構早々に飽きてしまう。
(あくまでウチの息子の場合ですが)
そして私も…(笑)
数週間後カピカピ粘土を発見して、「これではいけない!」とまた購入。を繰り返し、
結果カピカピ粘土を大量生産してその時期を終えました…。

『まだあまり知っているものがなくプクプクな手』の息子と
『知っているものはたくさんあるけど何だかイメージ通りにいかずに楽しめない』私の
【粘土遊び】は、全く発展していきませんでした(笑)

【粘土遊び】は年齢問わずどなたでも楽しめる遊びではありますが、
実は立派な『造形芸術』です。
その表現にはルールなどなく、全く自由に個性を発揮していただくことに価値があるものです。
そのみなさまの唯一無二のすばらしい個性を発揮して『イメージを形に』していただくため、
【クレイプレイヤー認定講座】は、◯・△・☐から始まり、立方体や多角柱、円錐など基本の造形から
丁寧に身に付けていただく内容になっています。


| 実際にレッスンをしてみると?


実際レッスンすることで変わったかな?と思うこと
 • どんなパーツが必要か思いつくようになりました。
 • どういう順番で作ればロスがないか最初に考えられるようになりました。
   (食事の支度みたいですね💦)
 • 形の歪みに気付くようになりました。
 • 作ったものが乾いたかどうか確認するのが楽しくなってきました♪
 • カピカピ粘土の生産は終了しました(笑)
そして何より、これは粘土造形に限らず音楽でも勉強でもスポーツでも当てはまることなので、
みなさんも実感されたご経験がお有りのことと思いますが、基礎から積み重ねて身に付けたことは
ちゃんと自信が持てますし、ブランクがあっても思い出すことができますよね♪

というようなことを試行錯誤し、【クレイプレイヤー認定講座】のカリキュラムはこのような内容に
なりました。
レッスンや練習の際に使うテキストやDVD(動画配信)も、【Qwifilm】(キュウイフィルム)の先生方の
ご経験をもとに、楽しく取り組めるような工夫をたくさん取り入れました♪

また【クレイプレイヤーズクラブ】では、たくさんの人に【粘土遊び】を楽しんでいただくために
ご希望がある【クレイプレイヤー】のみなさまの活動の応援もしています。
実質¥0選べる会員システム

少し熱が入って長くなってしまいました💦
最後までお読みいただいた方、ありがとうございます✨
お役立ていただければ幸いです。

【Qwifilm】(キュウイフィルム)について